マツダ・ロードスター

opencar

 

現在日本で製造されている国産オープンカーは4種類あり、そのうちの一つがマツダで製造しているマツダ・ロードスターです。マツダ・ロードスターは古くから国産オープンカーの代名詞として知られており、国内外の多くの車好きから高い評価を得て、2011年には世界で一番売れた2人乗りスポーツカーとして90万台を売り上げてギネス記録を更新したことでも話題となりました。現在もその人気は健在で、様々なモデルチェンジを繰り返しつつ多くのファンを集めています。

 
マツダ・ロードスターが販売されるようになった時期は自動車の安全基準が厳しくなったり消費者の嗜好の変化があったりとオープンカーに対する風当たりが厳しくなっていたのですが、そうした逆境を跳ね除けて国内外から非常に高い評価を得たことで知られています。そのおかげでロードスターの名が付けられた車が他社でも見られるようになったとも言われており、日本のオープンカーはもちろん車そのものへの見方も変えるほどの影響を与えたとも言われているのだそうです。そんなマツダ・ロードスターは現在も高い人気を集めており、最近もマイナーチェンジが行われた新車が販売されています。これからオープンカーを購入しようと考えていた方はぜひマツダ・ロードスターを手にしてみてはいかがでしょうか。