現在生産中のもの

現在日本で開発生産されている車には様々な種類がありますが、その中でもオープンカーの種類はそれほど多いというわけでもありません。オープンカーは普段の生活で利用するにはあまり向いている車とはいえないためどうしても普通の乗用車などと比べても種類は少ないですが、それでも根強いファンに支えられ、現在もモデルチェンジが繰り返されているものや新しいシリーズが誕生したりと国産オープンカーの歴史は今も続いています。そんな国産オープンカーとはどのようなものなのでしょうか。

 

現在もオープンカーの製造販売を続けているメーカーはマツダ、トヨタ、日産、光岡自動車の4社で、それぞれマツダ・ロードスター、レクサス・IS250C、フェアレディZロードスター、光岡・ヒミコを販売しています。中でも有名なマツダ・ロードスターは2000年に2人乗りの小型オープンスポーツカー生産台数世界一としてギネスに認定され、2011年にはその記録を更新するなど世界でも有名な国産オープンカーとして知られています。もちろんそれ以外の国産オープンカーにもそれぞれ違った魅力に溢れており、一度乗ったらその魅力を知る事が出来ると思います。もし興味が出たという方は機会があればオープンカーに一度乗ってみてください。